ロゼッタの歴史
自動翻訳の先駆者として2004年から開発をスタート。
幾多の壁を乗り越え、自動翻訳の実用化を実現してきました。

事業に
関する出来事
製品・技術に
関する出来事

AIによる機械翻訳開発研究事業を開始するため、創業。

2004年2月

(株)グローヴァと、その子会社であった(株)海外放送センターをMBOにより(株)ノヴァから買収。

2004年4月
2004年5月
2004年11月
2006年11月
2008年1月

『熟考 Ver2.0』をリリース。
全文翻訳機能を強化。

2010年7月

『熟考 Ver3.0』 をリリース。
処理速度を重視した「速考」機能を付与。中国語・韓国語に対応。

2012年4月
2012年5月

MT(機械翻訳)技術に基づく翻訳支援ツールを活用し、人間による翻訳受託サービスを行う「GLOZE事業部」を設置。

2013年3月

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のプライバシーマークを取得。

2014年3月
2015年3月

『熟考 Ver4.0』 をリリース。
辞書自動作成機能を搭載。

2015年8月

『熟考 2015』『熟考Z 2015』をリリース。
2015の専門分野別に細分化。

東京証券取引所マザーズに株式上場

2015年10月15日、新規上場承認。2015年11月19日、上場。公開価格695円に対して、初値3705円。初値倍率5.33倍で、2015年のIPO株中トップの初値上昇率を記録して話題に。

2015年11月
2016年2月
2016年9月

(株)エニドアを子会社化。

2017年1月
2017年11月
2017年12月

スピード翻訳(株)を子会社化

株式取得により、(株)インターメディアを完全子会社化。

2018年1月
2018年2月
2018年6月

『T-4OO』多言語翻訳を提供開始

顧客別カスタマイズ、専門分野別の多言語自動翻訳サービスで、世界90種類以上の言語に対応。

2018年12月
2019年1月
2019年3月

新宿オフィス開設。

『T-4OO ver.3』をリリース。
業界初の自動分野判別機能を搭載。

RPAコンサルティング(同)を子会社化。

ウェアラブルデバイス開発子会社(株)T-4PO Constructionを設立。

2019年8月
2019年12月

自動翻訳による自社決算短信の英文開示を開始。

2020年2月
2020年3月
2020年6月
2020年7月
2020年8月

本社機能のVR空間への移転を決定

「人類を地理的・時間的・言語的な制約から解放する」グローバル・ユビキタスを掲げ、 国境フリー・言語フリーのオフィス創設を決定。

2020年9月