ニュースリリース

2020.02.26 お知らせ

「YAHOO! JAPAN ファイナンス株式掲示板」に投稿された風説の流布に対する当社対応に関するお知らせ

先般、複数の株主様から、「弊社代表者が弊社株式を大量に売却している」との風説についての事実確認および当該風説の流布に対する会社としての当社の対応を公表するよう、強くご鞭撻をいただきましたので、以下の通り、説明いたします。

当社代表が2016年の立会外分売による大量保有変更報告以降、当社株式を売却した事実はありません。
なお、2020年1月、当社代表が提出した大量保有変更報告は同報告書中に記載されている通り、一般的には会社で発行する業績連動型ストックオプションに類したスキームを、 当社ではなく当社代表者が個人として弊社役員・従業員に対して契約を行った事由についての報告であります。

当該風説の流布の発信元について当社において調査したところ、上記株主様のご指摘どおり、「YAHOO! JAPAN ファイナンス株式掲示板」にて特定個人によって繰り返し執拗に投稿されている事実を確認いたしました。
社内で顧問弁護士を交えて協議をした結果、これらの投稿は「もはや表現の自由を逸脱し、当社や当社代表者の名誉・信用を毀損するものであり、放置できない」との結論に達し、既に当社所轄の警視庁神田警察署に事実を通報し、 今後の対応について現在、連絡を密にしているところです(詳細は捜査に影響を及ぼす可能性がありますので控えさせていただきます)。

最後に、当該投稿が当社や当社代表者の名誉・信用を毀損することを心配してご連絡をくださったすべての株主様他関係各位に対し、この場を借りて御礼申し上げるとともに、現在の当社の対応状況について、可能な範囲で以上の通りご報告させて頂きます。

2020年2月26日

株式会社ロゼッタ