ウェビナー詳細

概要

いち早くコロナ禍に適応した中国は現在、東南アジアへの生産移転トレンドを受けつつも、製造拠点としてのその重要性を未だ高めています。
他方、目まぐるしく産業構造の再編が続くと同時に賃金上昇を背景とした内需の拡大も急ピッチで進んでおり、 中国を取り巻く製造業の状況は今、日本企業に迅速かつ継続的・複合的な現地対応を求めるものとなっています。
こうした中で、企業の進出を阻むのが生産マニュアルや製品カタログを始めとする大量の技術文書の翻訳作業です。 本ウェビナーは、繰返しの多いこうした文書の翻訳を効率化するポイントと、「翻訳メモリ」を用いた各種AI翻訳についてご紹介します。

このような方におすすめ

  • 中国向けのローカライズに掛かる費用や時間を削減したい
  • 外注翻訳会社とのやり取りやチェックに手間が掛かっている
  • 国外工場向けのマニュアルをスムーズに展開したい
  • 中国市場に進出するため、現地調査を効率的に進めたい


 など

詳細

タイトル 変わる"世界の工場"の生産現場とローカライズ
 ~AI翻訳で乗り切る、中国サプライチェーン再編~
対象サービス 『ティー・スリー・エム・ティー』
開催日時2021年5月28日(金) 11:00~11:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
前畑 裕紀

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。