ウェビナー詳細

概要

近年は「SDGs(Sustainable Development Goals)」の一環として捉えられることも増えていますが、 こと日本国内企業、中でも食品業界では従来より、海外各国現地の習慣や市場に合わせた製品開発や 販売手法をベースとしたビジネスを継続的に展開することで、当地の様々な社会問題にも取り組んできました。
これらの取り組みにおいて課題となるのが、ビジネスの現地密着性です。このウェビナーでは、 ロゼッタのAI翻訳ソリューションを組み合わせ、現地のニーズ把握から現地生産、マーケティングに至る 様々な業務領域における課題を解決する方法について、事例と共にご紹介します。

このような方におすすめ

  • 海外での現地調査やマーケティングを効率的に進めたい
  • 現地言語への対応(ローカライズ)に掛かる費用や時間を削減したい
  • 現地担当者や生産工場とのコミュニケーションを円滑に進めたい
  • 外注翻訳会社とのやり取りやチェックに手間が掛かっている
  • 外国語の契約書や通関書類をスピーディに審査/作成したい


 など

詳細

タイトル 食品企業のグローバル・サステナビリティ
 ~海外戦略の"現地密着性"を支えるAI翻訳~ (アンコール開催)
対象サービス 『ティー・フォー・オー・オー』
開催日時2021年11月2日(火) 11:00~11:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
前畑 裕紀

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。