ウェビナー詳細

概要

言語数増大・スピード化に対応するための機械翻訳とSaaS型の製品、業務マニュアルに有効なCMSを活用した新たな取り組みを 産業翻訳において高スコアを実現するT-3MTの基本的仕組みを実績も踏まえながらご紹介します。
また、ウェビナー内では機械翻訳との組み合わせによるスピード化がどのように図られるかを図版内の翻訳、 動画字幕にも対応可能なシーンを翻訳コーディネーターの作業工数が圧倒的に削減するプロセスをお見せします。

このような方におすすめ

  • 開発案件における資料の改変と作成を必要としているお客様
  • 社内用語や過去の表現が多用されるため、メモリとエンジン側にも対訳登録が必要なお客様
  • マニュアル作成時の多言語化に機械翻訳を活用し、低コスト化と翻訳にかかる時間を削減されたいお客様
  • 過去の文章を自部門、他部門が作成したコンテンツに再利用し効率を上げたいお客様
  • Confluenceをお使いで、内部コンテンツの翻訳作業の効率を高めたいお客様


 など

詳細

タイトル WikiWorks×T-3MTで実現 ~DXで変わる産業翻訳~
共同開催 ナレッジオンデマンド株式会社
対象サービス 『ティー・スリー・エム・ティー』
開催日時2021年11月12日(金) 11:00〜11:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

ナレッジオンデマンド株式会社
代表取締役CEO
宮下知起

株式会社富士通ビーエスシーでシステムエンジニア、株式会社アスキーで雑誌編集を経験した後に独立しフリーランスライターへ。 その後アットマーク・アイティ(現アイティメディア)の寄稿編集者を務めながらナレッジオンデマンド株式会社を設立。 当初は編集プロダクションであったが、2014年からマニュアル制作・公開プラットフォーム「WikiWorks」の開発・販売を軸に、顧客のドキュメンテーションを効率化するさまざまなサービスを提供している。

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
木村 雄一

前職Memsource社では日本のエンタープライズ営業を担当。
その経験を活かし、他システムとの連携を含め、翻訳業務を包括的に効率化する方法を提案してます。

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。