• ウェビナー一覧「IPランドスケープを促進する機械翻訳エンジンの実力とは?」2021.12.07

ウェビナー詳細

概要

知財情報分析と企業戦略を統合するタームとして、近年注目を浴びる「IPランドスケープ」。
非常に高度な価値判断が要求される一方、特許調査等の膨大な情報収集も必要となるため、 早急なシステム効率化を迫られる知財担当部門の声も聞かれます。IPランドスケープの概略に触れながら、 専門分野に対応したAI自動翻訳による特許調査の効率化事例について解説します。

このような方におすすめ

  • 知財管理部門の方
  • 知財関連コンサルティングファーム、知財翻訳を扱う専門翻訳会社
  • 海外特許の調査/分析を効率的に進めたい
  • 知財情報を自社の企業戦略に活用したい


 など

詳細

タイトル IPランドスケープを促進する機械翻訳エンジンの実力とは? (アンコール開催)
対象サービス 『ティー・フォー・オー・オー』
開催日時2021年12月7日(火) 11:00〜11:40
開催方法 Zoomにて開催。参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

参加申し込み

スピーカー

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
篠田 篤典

新聞社勤務の後、名古屋の特許事務所で14年半、外国業務に従事。2020年7月より現職。 機械翻訳の精度向上と普及により、特許翻訳業界全体の品質向上を目指す。 知的財産翻訳検定1級合格(機械工学分野および電気・電子工学分野、共に日英翻訳)。

お問い合わせ

セミナーの参加方法に関するご質問や日程のご相談、今後の開催予定など
お気軽にお問い合わせください。