• ウェビナー一覧「チャットボットの効果を最大化する「多言語対応」スキームとは?」2022.01.26

ウェビナー詳細

概要

社内チャットの活性化やFAQ対応、対外的なカスタマーサポート業務まで、チャットボットの用途は多岐にわたり、今や多くの企業で導入されています。 多言語対応のサービスも提供されていますが、機能の面でも一長一短で中々検討が進まないとの声も。 今回は、ロゼッタの翻訳APIを使って既存のチャットボットの多言語環境を手軽に構築し、言語の壁を越えた非対面コミュニケーションを拡張する方法をご紹介します。

このような方におすすめ

  • 導入/作成したチャットボットを更に活用したい
  • 海外からの問合せ対応を効率化したい
  • カスタマーサポート部門の方
  • 社内ヘルプデスク担当の方


 など

詳細

タイトル チャットボットの効果を最大化する「多言語対応」スキームとは?
 ~社内外のコミュニケーションをAPIで促進・効率化~
対象サービス ロゼッタ翻訳API 『ロゼッタ・メムソース』
開催日時2022年1月26日(水) 15:00〜15:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

参加申し込み

スピーカー

株式会社ロゼッタ
開発統括部 マネージャー
劉 人瑋

前職では仮想通貨取引システムの開発などに参加。現在は、開発ディレクターとして人工知能分野の開発と研究を行っています。

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
木村 雄一

前職Memsource社では日本のエンタープライズ営業を担当。
その経験を活かし、他システムとの連携を含め、翻訳業務を包括的に効率化する方法を提案してます。

お問い合わせ

セミナーの参加方法に関するご質問や日程のご相談、今後の開催予定など
お気軽にお問い合わせください。