• ウェビナー一覧「中国語×日本語の「翻訳資産」掘り起こしと活用について」2021.11.04

ウェビナー詳細

概要

今回弊社では、中国語×日本語の「翻訳資産」掘り起こしと活用について というテーマでゴールデンブリッジ様とウェビナー形式でご紹介させていただきます。
過去に自社で翻訳した文章や用語、パブリックデータやオープンソースとして公表されている翻訳データを総称して「翻訳資産」と呼びますが、 ビッグデータ・機械翻訳が存在感を増しているなか、この「翻訳資産」はますます重要なものとなっています。 今回のウェビナーでは、中国語の「翻訳資産」を実際に弊社の翻訳エンジンのT-3MTで学習に活用しているゴールデンブリッジ様とともに、 製薬・特許分野での事例を交えながらご紹介させていただく予定で御座います。

このような方におすすめ

  • 中国市場に於ける最新の翻訳市場の動向が知りたい
  • 中国からの翻訳引き合いが増えている現状で効率化を図りたい
  • 中国語PostEditの活用方法を知りたい。


 など

詳細

タイトル 中国語×日本語の「翻訳資産」掘り起こしと活用について (アンコール開催)
共同開催 株式会社ゴールデンブリッジ
対象サービス 『ロゼッタ・メムソース』 『ティー・スリー・エム・ティー』
開催日時2021年11月4日(木) 11:00〜11:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

株式会社ゴールデンブリッジ
翻訳制作部 品質統括 ITソリューション部部長
石田 慎介

日本語・中国語の翻訳および最終チェックに長年従事。その経験をもとにIT技術を活用した翻訳業務の効率化を推進。 翻訳支援ツールや機械翻訳の導入のほか、独自ツールの研究開発や自然言語処理や機械翻訳のアダプテーションなどにも携わっている。

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
木村 雄一

前職Memsource社では日本のエンタープライズ営業を担当。
その経験を活かし、他システムとの連携を含め、翻訳業務を包括的に効率化する方法を提案してます。

コメント:
CMSと最新AI自動翻訳の連携による、多言語展開の効率化についてご紹介します。 担当者様が抱えるコスト・時間の課題解決の一助になればと思います。 ツールの実演も行いますので、是非ご参加ください。

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
前畑 裕紀

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。