• ウェビナー一覧「医薬翻訳のリードタイムを短縮させ効率化するその手法とは?」2021.11.10

ウェビナー詳細

概要

製薬会社様/CRO様が抱える翻訳の課題を解決するため、メディカル翻訳会社のCATツール/MTの利用状況を踏まえながら 翻訳迅速化(生産性向上)のためにどのように機械翻訳やポストエディットの活用を行ったら良いかを 【医薬翻訳のリードタイムを短縮させ効率化するその手法とは? ~機械翻訳エンジン/ポストエディット活用セミナー~】 というテーマでご紹介します。

このような方におすすめ

  • 主に製薬メーカー様で市販後部門・安全性調査部・信頼性保証本部・ファーマコビジランス部に所属しているご担当者様
  • 市場投入スピードを上げられるよう、効率性の工場やコスト削減競争優位性を強化するBPO企業のご担当者様
  • CRO企業様で製薬会社から委託を受け、主に医薬品開発の臨床試験や製造販売後調査及び安全性情報管理を行い新薬開発や臨床試験をしているご担当者様
  • データ管理を行うデータマネジメントや統計解析を必要としている製薬メーカーご担当者様
  • セキュアかつ効率的な翻訳プラットフォームの導入を検討されているご担当者様


 など

詳細

タイトル 医薬翻訳のリードタイムを短縮させ効率化するその手法とは?
 ~機械翻訳エンジン/ポストエディット活用セミナー~  
共同開催 株式会社ヒューマンサイエンス
対象サービス 『ティー・スリー・エム・ティー』
開催日時2021年11月10日(水) 14:00〜15:00
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

株式会社ヒューマンサイエンス
ランゲージソリューション部 マネージャー
伏木 賢一

 PM歴18年。複数の翻訳制作会社で多種多様なプロジェクトを経験。近年は、機械翻訳を用いた翻訳作業の効率化や品質向上に取り組む。

コメント:
機械翻訳とポストエディットによる翻訳業務の効率化をご紹介いたします。 

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
木村 雄一

前職Memsource社では日本のエンタープライズ営業を担当。
その経験を活かし、他システムとの連携を含め、翻訳業務を包括的に効率化する方法を提案してます。

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。