ウェビナー詳細

概要

自動運転や電動化といった技術がもたらす自動車のソフトウェア化/プラットフォーム化の潮流は、 国内自動車メーカーの海外生産の手法や、情報共有・情報発信のあり方も大きく変えようとしています。
今後も一層の密度と速度が求められる自動車業界のグローバル・コミュニケーションにおいて、 仕様書などの技術書類や国際規則の正確な翻訳に対応した国産AI自動翻訳ソリューションを活用した効率化事例をご紹介します。
また実際の事例から貴社にとってどのような業務効率化出来るかが分かるウェビナーとなっております。 明日から活かしていただけるような内容になってますので是非ご参加下さい。

このような方におすすめ

  • 海外技術者、生産拠点との円滑なコミュニケーション/技術継承を推進したい
  • 各国当局への申請文書を効率的に作成/チェックしたい
  • 製品マニュアルやIR資料など翻訳会社に外注しているが、納期・コストが要望に合わない
  • 世界各国の規制情報、特許文献、仕様書の内容把握に時間がかかっている
  • その他、自動車業界におけるAI翻訳の活用例を知り明日からの業務に活かしたい
  • 仕様書や技術書類の翻訳に困っており効率的な手段を探している


 など

詳細

タイトル 自動車生産現場のAI翻訳活用
 ~海外拠点とのスピーディな情報共有で進むグローバル・コミュニケーション~
 (アンコール開催)
対象サービス 『ティー・フォー・オー・オー』
開催日時2021年11月18日(木) 14:00〜14:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
鷲頭 均

コメント:
国内大手企業、中でも自動車メーカーを中心に担当しています。
このウェビナーをきっかけに、自動翻訳技術を御社のグローバル化推進にお役立ていただければと思います。是非ご参加ください。

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。