• ウェビナー一覧「センサー・通信・ノイズ対策など需要が拡大!電子電気業界のAI翻訳活用事例」2022.01.13

ウェビナー詳細

概要

世界の電子機器需要は2020年以降拡大を続け、2021年は過去最大の水準に達しています。 注目技術である5GやEV(自動車)の需要も高まる一方です。
日本企業の電子機器販売や新規プロダクト開発において海外企業との競争は避けられません。 開発や検査、通関部門など多くのパターンで外国語を使う需要も増えているでしょう。
今回はそんな電気電子業界の専門用語にも対応するAI翻訳を活用する方法をご案内します。

このような方におすすめ

  • 通関(貿易)関連や技術関連、検査関連で翻訳する機会が多く困っている方
  • サプライチェーン構築における研究開発で外国語の文章の読みのニーズがある方
  • 海外工場とのやりとりが多く困っている方
  • コロナ渦の落ち着きにより業務が増え圧迫されている方
  • 電気電子業界における翻訳業務での弊社プロダクトの活かし方を知りたい方


 など

詳細

タイトル センサー・通信・ノイズ対策など需要が拡大!電子電気業界のAI翻訳活用事例
対象サービス 『ティー・フォー・オー・オー』
開催日時2022年1月13日(木) 16:00~16:40
開催方法 Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。
参加費無料
定員100名
ご注意
  • 複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
  • 同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

スピーカー

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
鷲頭 均

コメント:
国内大手企業、中でも自動車メーカーを中心に担当しています。
このウェビナーをきっかけに、自動翻訳技術を御社のグローバル化推進にお役立ていただければと思います。是非ご参加ください。

参加受付けは終了しました。

たくさんのお申込みありがとうございました。
今後も同テーマでのウェビナー開催を予定しております。
ご予約の希望や日程に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。