産業のための
生産性向上ソリューション

お問い合わせはこちら

「T-4PO」とは

産業の現場で活用する、多機能ハンズフリーシステムです。
ウェアラブルデバイスの装着により、
外国人従業員との同時自動通訳、
遠隔地からも情報共有を可能とするコミュニケーション、
さらに建設現場におけるドライブレコーダーとして利用できます。


外国人従業員との円滑なコミュニケーションで、適切な業務指示の伝達が可能


リアルタイムのビデオ通話で、現地の検査や視察・確認が遠隔で可能


動画や会話のデータを蓄積し、安全性の向上や教育指導などに活用することが可能

  1. 複数同時自動通訳機能

    外国人従業員との複数同時通訳機能を備え、現場における業界特有の用語についても通訳を行い、 円滑なコミュニケーションを図ります。

  2. コミュニケーション機能(遠隔地連携機能)

    ウェアラブルデバイス同士のコミュニケーションだけでなく、遠隔地の現場事務所、監理者・事業者会社のパソコンやスマートフォンと連携することで、 音声・画像・図面・動画の共有を容易に行うことができます。 遠隔地にいる監理者がリアルタイムで現場に指示を出すことができ、パソコンから画面をウェアラブルデバイスに共有することができます。

  3. ドライブレコーダー機能

    ウェアラブルデバイスを技術者が装着することで、テキスト・画像データをハンズフリーでサーバー上に保存することができます。 具体的には、事故原因の記録・追及・対策を打つことや、優秀な技術者のテクニックを映像で残すこと、現場だけでなく、遠隔からの指示内容を蓄積することを可能とします。 データは、クラウド上に1カ月保存され、必要なデータは、ダウンロードすることができます。 人がカメラを備えていることで、ヒヤリハットやトラブル発生時の画像データも容易に取得することができ、 この画像を解析することによって、これまで明確になっていなかったヒヤリハットやトラブルの原因を究明し、更なる安全性向上に結び付けることができます。