MENU

社員紹介(開発本部)
自分で考え、提案すれば
どんどん任せてもらえて
勉強でき、成長できます
入社 2年4か月目ウィー・ガードゲーオファー・ガムパナート

世界中どこにでもある言語の問題。
そこに惹かれて入社

わたしはタイの大学の経済学部を卒業後、8年前に奨学金を利用して日本に留学しました。
そのまま日本のさまざまな業界で、デベロッパーやエンジニアを経験してきました。

言語の壁が生み出すさまざまな問題は、世界各国共通の問題です。その問題を解決するというロゼッタの企業ミッションに惹かれ、2017年にエンジニアとして入社しました。

サーバーの構築から製品のリリースまで
幅広く担当

入社当時はバックエンドのプロセスの開発、最近ではインフラ周りも任されています。
担当範囲は幅広く、サーバーの構築から製品のリリースまで担当しています。

これまでになかった問題を解決するのが、
仕事のやりがい

仕事を通じて面白いと感じることが、問題解決の立案・実行です。最先端の分野なので、発生した問題をググっても解決策の答えは出てきません。そこで新しいコマンドなどを勉強して、解決策を考えて、解決していくのが楽しいですね。毎日がチャレンジフルです。

外国人であることを意識させない、
心地いい雰囲気のチーム

わたしは仕事をするうえでチームワークを大切にしていて、いつも周りの人と、良い環境を作りたいと考えています。実際にチームは雰囲気が良く、外国人であることを意識せず、楽しみながら問題解決に取り組めています。

仕事も、休みも、勉強も、
自分に裁量権

ロゼッタでは自分で検証して見込みを立てた上で提案すれば、開発環境の移行なども承認が得られます。基本的に自由度が高く、上司に「これをやりたい」と言えば、裁量をもって任せてもらえます。
時間管理も自分次第で、もちろんトラブル発生時には対応しなければなりませんが、それを事前に考慮していれば休日もとりやすいです。
また、社外の勉強会に参加したいときには、社内の掲示板でシェアするだけで気軽に行くことができます。

求む、
解決したい問題から考えられるエンジニア

エンジニアは漠然と「プログラミングの勉強をしたい」、「この言語を学びたい」と考えるのではなく、どういう問題を解決したいかを考え、そのために必要な言語を学んだほうがよいと思っています。解決したい問題から考えられる方に、次に入社するエンジニアになってほしいですね。

1日のスケジュール

09:00~10:30メールチェック、サーバーとサービス監視ツールのチェック
10:30~11:00トラブルシューティングと復旧
11:00~13:00タスクリストのチェック、開発とメンテナンス
13:00-14:00昼食
14:00-19:00開発・メンテナンス、ツールやプログラミングの開発、時折トラブルシューティングとサーバーチェック
19:00-19:30タスクリスト再確認

株式会社ロゼッタ